トップページ >  > シミと女性ホルモンの関係

シミと女性ホルモンの関係

頬骨の上の方にできるモヤモヤっとしたシミ。左右対称にできることが多い肝斑です。

小さい点々ではなく結構な範囲に広がって出来る人も多く、気になりますよね。

   

これは女性ホルモンのバランスが崩れることが原因なんだそう。

   

美肌に関わるエストロゲンというホルモンは思春期頃から分泌が増え始め、30代後半からは減少していきます。

閉経前後はさらに減ってしまいます。

加齢による体の変化は仕方ないのですが、少しでも食い止めて、シミやその他肌の悩みを改善していきたいですよね。

   

美肌のためにエストロゲンを直接補充したいところなんですが、たくさん摂ると乳がんのリスクが上がるとも言われているので、薬などで補充することはできません。

その代わりに女性ホルモンのような働きをしてくれる成分を摂りましょう。

   

女性ホルモン様物質と呼ばれ、エストロゲンと同じような作用があると言われています。

   

代表的なものは大豆イソフラボン

大豆や大豆製品に含まれています。

サプリもありますが、食事からとったほうが吸収が良いですし、大豆製品なら無理なく摂取できるのではないでしょうか。

   

目安として、お豆腐なら一日2分の1丁。納豆なら一パック。豆乳なら1カップ。きなこなら大さじ1です。

   

大豆イソフラボン以外には当帰という漢方薬で使われる植物や、ピクノジェノールという松の樹皮から取れる成分があります。

漢方薬やサプリなどで摂取することができます。

ホルモンバランスの変化と肌

ホルモンバランスってすごく大事なんです。

生理の周期によってホルモンバランスは変化しますし、それにともなって肌の調子も変わります。

ですから生理周期に合わせてスキンケアをする必要があるんです。

   

生理前はプロゲステロンという黄体ホルモンが多く分泌されます。

これは皮脂の分泌を増やすので、ニキビができやすくなったり、シミが増える原因にも。

肌が敏感になっている時期でもあるので、保湿中心の優しいスキンケアを心がけましょう。

   

生理の後はエストロゲンという卵胞ホルモンがたくさん分泌されてくるので、肌の調子がぐんと上がるんです。

この時を狙って、美白ケアやエイジングケアをするのがおすすめ。

効きが違いますよ。

☆生理中...前半はまだまだ不安定な肌。でも後半にかけてだんだん調子がアップ。

☆生理後...排卵日までエストロゲンが増えるので、肌はぷりぷりに。

☆生理前...排卵後の数日間はプロゲステロンが増えるのでニキビやシミができやすくなる。

→シミに効く化粧品はこちら

頬骨の上の方にできるモヤモヤっとしたシミ。左右対称にできることが多い肝斑です。 小さい点々ではなく結...